TOP

多様化するお葬式の形態と家族葬の情報

最近では、人々のライフスタイルや価値観、趣味や趣向が多方面に分化しているのに伴って、お葬式の形態も多様化してきています。そのような状況の中で、お葬式を執り行なうにあたっては、お葬式の形態の選び方にも気を配ることが大切です。そうした場面では、一つひとつのお葬式の形態の特徴を理解し、自分たちの適性やニーズ、希望条件に照合して、適切な判断をすることが大事になります。

現在行なわれているお葬式の形態には、さまざまなバリエーションがあります。その中でも、家族葬は、家族が主体となって行なう小規模なお葬式の形態です。家族葬では、ビジネスで付き合いのある人や町内会関係者などには声をかけず、親族や親しい知人だけを招いて儀式を執り行ないます。そのため、大人数の来客への対応に追われることもなく、故人とのお別れの時間を大切にすることができます。

一般的なお葬式とは異なり、家族葬では、お葬式に呼ぶ人を決めるのは家族になります。よって、これから家族葬を行なうにあたっては、お葬式に呼ぶ人をリストアップする必要があります。家族葬の参列者は、故人と親しい人ばかりなので、形式張った挨拶などをする必要もなく、アットホームな雰囲気の中、ゆったりとした気持ちで故人を偲ぶことができます。

ページの先頭へ戻る