TOP

家族葬を依頼する手続きの流れについて

病院から危篤の連絡を受け、現地へ向かう場合には、大切な人や最後のお別れをしてもらいたい人に連絡を入れましょう。病院で医師の診断によって逝去が確認され、看護師によるエンゼルケアの準備が整うまでは、故人の手を握ったり、頬に触れたりして最後の温もりを感じ、故人とお別れをする大切な時間になります。

また、エンゼルケアの際、故人の衣服を着替えさせてくれる病院もあります。生前気に入っていた衣服での退院を希望する場合には、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。エンゼルケアの間には、家族葬を依頼する葬儀社の担当者に連絡して、寝台車の手配をしておきます。エンゼルケアが終わった後、故人は霊安室へと搬送されます。また、この時点でも病院に向かっている人がいる場合、到着まで病院で待つことができるかどうか、確認しておきましょう。

退院し、お葬式の当日までは、自宅か安置施設に故人を安置することとなります。お葬式形態に家族葬を選んだ場合、近隣の住民に対して気を配る必要もあります。逝去の事実を近所の人に知られると、お葬式に参列したいという申し出があるかも知れません。そのような問題が気に掛かる場合は、専用の安置施設を用意すると良いでしょう。

ページの先頭へ戻る